CEOメッセージ

日本の投資家の皆様に、アバディーン・スタンダード・インベストメンツとスタンダード・ライフ・アバディーンの多様なビジネスについて、ご紹介できることを大変光栄に存じます。

1825年に設立されたスタンダード・ライフは、その長い歴史を通じて「お客様中心」の考え方に基づき、資産運用、年金および保険に関するソリューションを世界中の投資家の皆様に提供してまいりました。そして、政治・経済・社会情勢が変動する中、卓越した運用実績とサービスの提供に常に注力してまいりました。
その長く豊富な経験によって、当社は重要なテーマである「チーム」を基盤とした企業文化を育んでまいりました。そして、お客様と連携し運用成果を上げるうえで不可欠な要素として、チームワークが極めて重要であることを長年にわたり学んでまいりました。この企業文化は、世界中の各拠点の従業員にもしっかりと浸透しています。

この度、アバディーン・スタンダード・インベストメンツ株式会社の初代代表取締役社長に任命されたことは、私にとって大変名誉なことであります。実は、スタンダード・ライフ・アバディーンの歴史は日本と深く関わっています。1859年には横浜の保険代理店を通じて外国人居住者向け生命保険の引受けを行なっていますし、グループ会社がスポンサーとなっているトーマス・ブレーク・グラバー・スカラーシップは、スコットランドの学生に日本で学ぶ機会を提供し、日本とスコットランドの歴史的な絆を深める役割を担っています。

当社は日本におけるビジネスへの長期的なコミットメントを通じて、お客様のご要望をしっかりと理解し、チーム一丸となって全ての投資家の皆様に投資ソリューション、運用成果、日々の運用関連サービスを提供してまいります。

東京オフィスでは、運用、営業、オペレーション、リスク・コンプライアンスを擁したフル・サービスの業務体制を備えております。加えて、プロフェッショナルかつ専任のクライアント・サービス・チームが世界各拠点と協働し、日本の皆様に適切なサービスをご提供いたします。

日本で末永く皆様のお力になれますことを、心より願っております。

今後とも皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Neil Slater

ニール・アンドリュー・スレイター
アバディーン・スタンダード・インベストメンツ株式会社
代表取締役社長